朽葉考集録

めめとちゃんの雑記帳です

世界史メモ(太古編)

 以前メモ書きにして作ると言っていた世界史関連のまとめを試験的に投稿してみようと思い、今回軽く書いてみた。
 今後もこんな形式で進めていこうと思っているので、アドバイス等があれば遠慮なく言ってほしい。もちろん、追記した方がいい内容なども連絡してもらえたら書き足すつもりだ。

地球の誕生→46億年前
生命の誕生→40億年前
人類の誕生→7000万年前

人類の特徴→直立二足歩行

旧石器時代
※人類が[打製石器]で狩猟・採集の生活を営んでいた時代

・猿人(約700万年前〜)
 ラミダス猿人が最古(?)、アウストラロピテクスなど
 荒削りの打製石器を使用

・原人(240万年前〜)
 [ジャワ原人](ジャワ島)[北京原人](北京郊外)など  
 打製石器の改良(握斧)、[火]の使用

旧人(60万年前〜)
 [ネアンデルタール人](ドイツ)など
 剥片石器の使用、[埋葬]などの精神文化が発達

・新人(20万年前〜)
 現生人類、ホモ・サピエンス
 [クロマニョン人](仏)[周口店上洞人](中国)など
 細石器、[骨角器]などの道具を使用
 女性裸像、[ラスコー洞窟](仏)、[アルタミラ洞窟](スペイン)の洞窟絵画などの文化が発達

【農耕・牧畜の開始】

約一万年前に氷期終結
     ↓
九千年前に農耕・牧畜開始
     ↓ 
[獲得経済](狩猟採集)から[生産経済](農耕牧畜)へ
     ↓
人類は集落に住み、織物・土器を作るようになる
磨製石器]の使用(新石器時代の始まり)

雨水を用い、肥料を使わない農耕
     ↓
メソポタミアで[灌漑農業]が始まり、生産量が激増する
     ↓
集落の指導者が出現し、国家の誕生に繋がる